紙芝居の魅力

昔懐かしい「街頭紙芝居」から幼稚園・認定こども園・保育園などでの「お話かみしばい」まで。

今、改めて紙芝居の魅力が見直されています。 

デジタルにはないライブ感。

「紙芝居」は子供達と双方向コミュニケーションをとりながら伝えたいメッセージが自然に入っていきます。

 

絵本とは違う魅力。

 

絵本は子供達が物語の中に入っていきます。

 

紙芝居は物語が子供達の中に入ってくるのです。

街頭紙芝居

紙芝居をもっと楽しもう

抜いて、差し込むことで進行する形式の紙芝居。

「抜く」「差す」の動きが<集中>を生み出します。

 

「画面が抜かれると同時に、次の場面も見え始めます。

 

このリズムと連続性が子どもたちを集中させます。