街頭紙芝居

紙芝居屋さんは、昭和20年代30年代には、町のあちらこちらで見ることができました。

全盛期には、全国に5万人の紙芝居屋さんがいたといわれています。

 

街頭紙芝居
街頭紙芝居
街頭紙芝居
街頭紙芝居

その紙芝居の原画を貸し出していたのが「絵元」でした。

街頭紙芝居の絵元とは、

 

   紙芝居画家に画をかかせ(製作)、紙芝居屋に画を貸し出す(配画)、という

 

紙芝居業者の中心的存在です。

街頭紙芝居
街頭紙芝居
街頭紙芝居
街頭紙芝居

©塩崎おとぎ紙芝居博物館

 

 現在、日本に唯一現存する「絵元」が紙芝居総合センター「三邑会」です。

1955年、「三邑会」が所蔵する紙芝居画2万巻(一巻は10枚合計20万枚)を紹介する場として

塩崎おとぎ紙芝居博物館」が創設されました。

後に後世へ街頭紙芝居を伝えていくことを目的に一般社団法人に組織変更されました。

 

紙芝居画は全て手描きで、世界に1枚しかないものばかりです。

 

その中には、酒井七馬(手塚治虫の師匠)や武部本一郎(SF画の巨匠)

躍動する時代劇画と美人画の名手、佐渡正史郎、山口正雄、くつな 峰秀などの名画もふくまれています。

 

このような紙芝居を使っての実演は、子供たちにとっては新鮮な風景として 

 

大人にとっては懐かしさや、郷愁を呼ぶ文化として親しまれています。

 

参考リンク:大阪府立中央図書館 国際児童文学館所蔵 街頭紙芝居

街頭紙芝居
街頭紙芝居
街頭紙芝居
街頭紙芝居

©塩崎おとぎ紙芝居博物館


メディア

ダウンロード
産経新聞
産経新聞2016.3.2「おおさか新発見」街頭紙芝居取材記事
sankei.pdf
PDFファイル 31.5 MB